メンタルヘルス・ケア


?健康な職場をつくりたい?

こんな話を耳にしたことはありませんか

職場/部下のメンタルヘルス対策は上司の責任??何をしたらいい?…手をこまねいているうちに、職場にメンタルヘルスの問題が起きてしまった。

あなたの周りで、起きていませんか

常にストレスフルな職場。
心の問題が起きたって「本人の責任!」と言い切れる?

上司のぼやき、聞いたことはありませんか

なんとなく鬱気味の社員がいる…どう接していいのか、難しい。

現代社会においてストレスの増加、増える鬱病、心身症、過労死、アルコール依存症や自殺などは大きな社会問題となっています。 平成18年の労働安全衛生法改正により、身体の健康管理に加えて「心の健康管理」が法令化され社員に対する企業のメンタルヘルス対策不可欠となりました。

もちろん必要に迫られてメンタルヘルス研修を実施されるケースもあるでしょうが、日本ODコンサルタンツでは“予防”に重点をおいた 「実施したくなるメンタルヘルス対策」をご用意しています。

ケース  メンタルヘルスプログラム

メンタルヘルスの問題を生じさせないための「職場づくり」から問題の生じている社員への対応スキルまで、複数の基本プログラムから、必要な部分を抽出した、貴社のメンタルヘルス現状に対応したプログラムを構築します。

心理的なアプローチによって自己理解/他者理解をすることで、メンタル面の問題を生じにくくする職場風土を醸成します。

また、「心の病」の様々な症状や、予防法、問題が起きたときの組織としての相談窓口の情報もお伝えしています。

ラインケア 『部下のSOS信号に気づく』

職場のメンタルヘルスに配慮したいマネージャの方に受講いただくプログラム。自分自身のメンタルヘルスについて理解を深めることを通して部下のストレス状況を把握できるようになります。併せてストレスの発散方法やストレスとうまくつきあう方法を学びます。

部下のストレスの状態に気づき、SOS(サイン)を見落とさないための留意点や職場のモラールの維持/向上の手法として、コミュニケーションをよくする働きかけをするようコミュニケーション環境をチェックしたり、具体的な「声の掛け方」をアドバイスしています。

さらに、予防だけでなく実際の問題に踏み込んだカウンセリングマインドをもった接し方のスキルトレーニングも組み込むことができます。
カウンセラーになる、ということではなく、無理に励ましたりしないなど、正しい対処ができるような会話の仕方、接し方など部下との関わり方を学びます。

セルフケア 『ストレスとうまく付き合う方法を身につける』

自分自身のメンタルヘルスについて理解を深め、ストレスの発散方法やストレスとうまくつきあう方法、イキイキと仕事をするポイントを学ぶプログラムです。

自分自身のストレスの状況をチェックリストで客観的に判断しストレスを受けやすい状況をあらかじめ把握しておくことや、ストレスの解放の仕方、ストレスと上手につきあう方法など、アドバイスを受けて実習による体験でリフレッシュする構成です。

モチベーションあふれる職場づくり/心理学的アプローチ

メンタルヘルス・ケアの第一歩は、 問題を生じさせない健康な職場をつくることです。

いきいきとした職場づくりに配慮していれば、メンタルヘルスの問題が生じにくくなるだけでなく、コミュニケーションが活発になり、職場の活性化、職場の生産性向上、とメリットが多数生まれます。

それでも問題が生じた際の対応で重要なのは、正しい対処ができること。部下のSOSサインを見過ごさず、正しい対処を適切なタイミング(どの段階で専門家にゆだねるか等)で行うことのできるノウハウが必要です。

また、日頃の職務の中で、また日常生活の中では、なかなか意識することのない「心」についてメンタルヘルスをきっかけに学ぶことで、様々な活用ができます。

ストレスの原因になるもの、ストレスの解放、良質なコミュニケーションの頻度と、人との関わり方の特徴。心理学的なアプローチといっても、高度な知識や理論を学ぶのではなく自分や周りの人の過ごしている様子を、いつもと違った側面から理解してみるプログラムで、よりよい人間関係を築き、健康な職場をつくることが目的です。

ラインの責任者も、社員一人ひとりも、メンタルヘルスケアの正しい知識を身につけ、いきいきと仕事に取り組める、健康な職場づくりに役立てましょう!

受講者の声 終了アンケートより

日本ODコンサルタンツは、お客様のお悩みやご要望に合わせてオリジナルの研修プログラムをご提案いたします。
日本ODコンサルタンツへのお問合せはこちらから クリックするとメールフォームが開きます

まずはお気軽にお問い合わせください 03-6672-4678 受付時間:平日9時~18時(土日祭日定休)

研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up