その他の研修一覧

グローバル人材育成研修

グローバル人材とは...『多様性』に適応できる人材のことです。
外国人だけでなく、性別、年齢、性格等、相手がどんな属性・タイプの人でも、うまく適応して、相手に合わせた対応を意識的(自覚的)に選択できる人が求められます。
本研修では、自分のクセや無意識の反応に気付き、意識的に自分自身の判断や反応をコントロールできるようになる現代型のリーダー育成を目指します。

クレーム応対研修

ともすれば後ろ向きになりがちなクレーム担当者ではなく、クレーム応対はお客様をファンにする大事な機会と捉え、自分たちのサービスに対しての誇りと自信を深め、元気にイキイキと活躍できるようになる研修です。現場の現状を題材として理論を適用し、クレーム応対を理解しているレベルから、出来るレベルになること、お客様満足の視点に立った、質の高いサービスを提供することができる人財への成長を促します。

詳細はこちらから

CSトレーニング(顧客満足)

■接客部門と顧客に関わる全ての部門対象

"顧客満足"の捉え方を原理原則から確認し、自己のマネジメントを診断します。更に参加者自身が主体的に実践できるCSの活動に焦点を当て取り組みの具体化を図ります。

TA(交流分析)研修

「人間の心のメカニズムを理解するための分かり易く親しみ易い理論」であるTA(交流分析)を本来の心理臨床の立場から理解しながら、マネジメントに役立つ具体的なヒントを提供する研修です。気づきと個人の成長に着目して進行します。

財務会計力 スキルアップ研修

企業活動の目的や儲けの仕組みを理解し、部門の業務が会社の数字にどのように影響しているかを考える力を身につけることができます。ビジネスでは、多くの場面で数字によって判断し評価をします。そのためこの研修を通して計数感覚を身につけ、「会社の数字」を理解・判断していくためのセンスを磨きます。

NLPによるコミュニケーション研修

NLP(神経言語プログラミング)は、アメリカで開発された実用的な心理技法で、優れた人に共通するコミュニケーションの取り方を研究して体系化されたものです。ビジネスにおいて活用できる要素を抽出し、コミュニケーションスキルの向上を促します。

社内インストラクター養成研修

■社内インストラクター 対象

社内の専門教育や新人の研修に携わるインストラクター(社内講師)のティーチングスキルやファシリテーションスキルを養成するための研修です。教育の社内制作推進において質の向上を図るためにプロのノウハウを体験学習で学び、身につける実践プログラムです。

セクシャル・ハラスメント研修

■監督者以上(もしくは全社員)対象

セクハラについて正しい知識を持っていれば、「気づかない間にセクハラをしていた」といことは防げます。無意識にとっていた行動が原因で損害賠償を請求されることも現実に起こっているのです。
そこで、具体例を紹介しながら、現実に起こり得る場面を想定したケーススタディで、正しい知識を学びます。

コンサルティングセールス研修 ~営業力アップ~

お客様からニーズ、ウォンツを引き出し、それらを具体化するスキルやお客様に影響をあたえる提案能力、さらにはクロージングスキルを学び、コンサルティング営業のスキル強化を図ります。

中堅社員研修

これまでの仕事の棚おろしと合わせて、職務遂行能力(表現力、説得力、傾聴力、企画力、管理力、改善力など)を習得し、実務の『中核』としての成長を促すプログラムを提供します。

主任研修

初級管理・監督者としての心構え、マネジメントの基本を学びます。
自分のマネジメントスタイルを確認し、上司・部下との関わり方を学んだり、リーダーシップ発揮のためのスキルを習得します。

係長研修

実務の第一線リーダーとしての責任と役割を認識し、監督者としての基礎固めをします。将来管理職として活躍する立場として、管理職を意識したマネジメントスキルを学びます。

管理職研修

複雑化する業務とスピードが求められる時代に、管理職としてどのように行動し、課・部署を導くのかを考えます。また、管理職は部下をマネジメントして成果を挙げるものです。そのため、部下の指導育成スキルや、リーダーシップスキルを養います。

上級管理職研修

時代の流れを敏感にキャッチし、経営課題の明確化と組織が進むべき方向性を定めます。そして、「組織のブランド力」を高めるための戦略的な組織運営のあり方を考えます。


研修トピックス

研修サービスのご紹介

企業情報


Page up